ハートを持つ女性

マカに秘められた効果|健康的な体作りをするために

無精子症の種類と原因

不妊に悩むカップルは少なくありません。不妊になる原因の一つで考えられるのが、男性の無精子症です。無精子症とは、精液中に精子が全くない症状のことをいいます。無精子症は2つのタイプに分かれており、一つは「閉塞性無精子症」、もう一つは「非閉塞性無精子症」です。閉塞性タイプは精巣内で精子が作られているにもかかわらず、精子の通り道となる精管が閉じてしまっていることをいいます。一方、非閉塞タイプはそもそも精巣内で精子を作るための機能に何らかの問題があり、精子が作られない状態のことをいいます。無精子症と診断される男性の多くはこの非閉塞タイプにあたります。この症状の難しいところは、まず気付かないということです。普通に射精はできるので、病院できちんと検査しなければ分からないのです。無精子症になる原因はいくつか考えられます。まず、閉塞タイプは精子の通り道となる器官が性感染を起こすことでなる場合や、鼠径ヘルニア手術の後遺症でなることもあるようです。非閉塞タイプは、精子を作り出す機能に問題があるか、もしくはホルモンの異常である可能性がありますが、詳しい原因を調べるのは難しいようです。ですが、無精子症だったからといって子供が作れないわけではありません。閉塞タイプでも不閉塞タイプでも治療法はあります。もし、自分に原因があって子供ができないのかなと思っている男性は、まず病院で詳しい検査を行うことが肝心になります。